2015→2016

明けましておめでとうございます。

昨年もたくさんの方にお世話になり、たくさんの感動がありました。
まずは10月の新生Bungalowのツアー。
マイク・リベット氏を迎えての初めてのツアーでしたが、今までBungalowとして少しずつ積みあげてきたものと新しい風が融合し、更に今までお世話になった地で演奏すると、なんだかとても感慨深い気持ちになりました。
そしてそのツアーの一環として、学生時代の師匠であるトム・ピアソン氏とステージをシェアするという機会にも恵まれました。
卒業後もずっと気にかけてくれ、事あるごとにさまざまな喝を入れてくれる貴重な存在。
そんな恩師の音色は極上に美しく、澄んでいて且つ芯がある、間違いなく唯一無二の音色。
久々にその音を聴いた瞬間から涙が止まりませんでした。
また、新しい出会いもあり、宮野弘紀さんやCHAKAさんとも共演させていただき、音楽が素晴らしいのはもちろんのこと、人間の温かさというか懐の深さのようなものを学ばせていただきました。
それから昨年はレギュラーで参加させていただいているバンドでのレコーディングもいくつかありました。
更に自分のグループでもようやくレコーディングが完了。
今年はCDリリースが続きそうです。
Cool Jazz Projectも着実に身が引き締まってきている実感があります。
レニー・トリスターノについての書物や、リー・コニッツのインタビュー本なども読み進めているところです。
プライベートでは娘が生まれ、生きることの喜びを味わっています。
今年はCDリリース予定の自分のグループでの活動や、新プロジェクトも計画中で、動きのある1年にしたいと思っています。
2016年もよろしくお願いします。
[PR]

# by koichisato93 | 2016-01-08 00:17

2014→2015

明けましておめでとうございます。

昨年もたくさんの方々にお世話になり、たくさんの経験をさせていただきました。
順不同ですが、まずはトミー・キャンベル(ds)氏とのツアー。
かつてディジー・ガレスピーやソニー・ロリンズなどのバンドに在籍していたトミーのドラムは、今までに味わったことのない特別な感覚でした。
ダイナミクスレンジの幅広さ、ピアニッシモでのグルーヴ、音楽全体を見渡す視野の広さ、音楽性とエンターテインメント性を兼ね備えた表現力、そしてツアーという長い日数と共に過ごすことで感じる人間性など、本当に勉強になることばかりでした。
また、昨年から新しく始めたCool Jazz Project。
今泉総之輔(ds)さんと始めたこのプロジェクトでは、トリスターノ周辺の音楽を追求しています。
特定の時代やアーティストに特化したプロジェクトは今まであまりやってこなかったので、かなり直球勝負なこのプロジェクトは自分にとって大きな挑戦でもあります。
それからrabbitooでのクアトロ公演、コットンクラブ公演。
rabbitooは自分にとって常に未体験・未経験領域で、今年も新たな展開が待っています。
そして自分のグループでのライブも、少しずつではありますが新しい可能性が見えてきました。
今年はそろそろ形にできたらと思っています。
年末にかけては、Bungalowのメンバーチェンジという大きな出来事もありました。
Bungalowは間違いなく自分の音楽生活の中心的な位置にあって、これまでの大きな音楽的パートナーであった山本昌広(sax)氏が離れ、今年から新たにマイク・リベット(sax)氏を迎えることは、大きな転機になりました。
年一ペースのソロピアノ、昨年は割と短編な曲を中心に演奏しました。
毎年、そのときの自分を素直に表現できるソロピアノの場は、自分にとってかけがえのない時間となっています。

ジャズピアノを追求することとジャズピアノに拘らないこと、一見相反することのような2つが、だんだんと混じり合っていくような感覚を味わっています。
自分の目指すところ、目標とするところは、常に少しずつ軌道修正しながらですが、より明確に、より芯を持ってきたと思っています。
そのためにやるべきことを続け、新しいことにも挑戦しながら、今年も過ごしていきたいと思います。

2015年もよろしくお願いします!
[PR]

# by koichisato93 | 2015-01-02 16:06

2013→2014

明けましておめでとうございます。

なんだかこのブログも年に数回しか更新しなくなってしまいましたが、それはともかく、昨年もたくさんの経験をさせていただきました。
特に印象に残っているのは、なんと言っても酒井俊(vo)さんとの出会い。
さまざまな編成で共演させていただきましたが、特に俊さんとのデュオは、今まで味わったことのない体験でした。
自分の信じた道を貫き通すこと。
その強さと厳しさを、肌で感じました。
俊さんは昨年末に日本を離れ、さまざまな地を巡るそうで、日本を離れる前に出会うことができて本当に良かった。
それから8月の人生二度目のソロピアノは、自分を一回り成長させてくれた気がします。
また、昨年からはじめた新しい自分のグループも、現在進行形の自分を表現できる大切な場でした。
今年も継続していき、そろそろ何か形にしたいなと思っています。
昨年はさまざまな決断をした年でもありました。
今までの環境に驕らず、自分の信じた道を貫き、常に新しい出会いや挑戦する心を忘れずに今年を過ごしていきたいです。

2014年もよろしくお願いします!
[PR]

# by koichisato93 | 2014-01-03 17:56

ソロピアノを終えて

先日は人生で2回目のソロピアノでした。

1回目は去年の春。
そのときは共演者のいない不安、孤独、恐怖との戦いでした。
2回目の今回は、何の制限もなく自分一人で音楽を構築できる楽しさを初めて味わえました。

完全即興演奏を軸に、途中にオリジナル楽曲を挟む構成。
完全即興とは、文字通り完全に何のメロディーもハーモニーも決めずに行う即興。
大げさではなく、自分の価値観、性格、生き方が現れてしまう場。
日々何を見て、何を考え、何を感じているのか。
それは恐ろしくもあり、また新たな発見もあり、自己を見つめ直す場でもあるのです。
前日に見たラピュタの影響もあったりなかったり?(笑)

今回味わった感覚は、ほかでは味わえない感覚。
ソロピアノの楽しさを知ってしまったかも。
ソロピアノは50歳を過ぎてからなんて思ってたけど、やっぱり今からライフワークにしていきたいと思ってます。
年に1回くらいのペースで続けていければ、と。

お越し下さった方々、どうもありがとうございました。

当日の完全即興演奏から、2つほどのシーンを抜粋してアップしてみました。

https://soundcloud.com/koichisato-1/improvisation-1

https://soundcloud.com/koichisato-1/improvisation-2
[PR]

# by koichisato93 | 2013-08-12 04:54

インターネットラジオ公開生放送出演のお知らせ

2013年2月17日(日)インターネットラジオ・プログラム
「OTTAVA foresta」の公開生放送に出演します。
観覧無料です。

横浜市営地下鉄センター北駅隣のショッピングモール
ヨツバコ5Fの「ヨツバコの森」で行われる
ラジオ番組「OTTAVA foresta」の公開生放送に出演します。
演奏もたっぷりします。
是非、盛り上げにいらしてください!
当日12:00よりヨツバコの森前で、入場整理券を配布致します。

◎日時 2013年2月17日(日)
◎番組放送時間 14:00-16:00 
(市原ひかり&佐藤浩一の出演は14時50分頃〜)
◎会場 ヨツバコ5階 「ヨツバコの森」
http://www.yotsubako.com/shop/yotsubako-clasix-studio/
◎観覧無料
◎番組ブログ http://blog.ottava.jp/ottava_foresta/
[PR]

# by koichisato93 | 2013-02-12 13:07